手続きのご案内


加入するには 加入したら 掛金を納める 退職金を受取る

加入するにはどうすればいいの

この制度に加入するには、「共済契約申込書」及び「共済手帳申込書」に必要事項を記入して各都道府県にある清退共支部へ申し込んでください。申し込みの手数料などはいっさい不要です。

加入できる事業主
清酒・単式蒸留しょうちゅう・泡盛・みりん2種の清酒製造業を営む方なら専業・兼業を問わず、すべて加入できます。
対象となる従事者
清酒製造業の蔵元で働く従事者なら作業種別(杜氏・蔵人・びん詰め・ラベル張り・事務員・技術員など)にかかわりなく、また、月給制、日給制、出来高制、にもかかわりなくすべての人が対象となることができます。
(Q6)清退共制度は期間雇用者の退職金制度なので、通年雇用者は入れないのではないでしょうか。
    • 新たに雇用した従事者について「清酒製造業退職金共済手帳」
      (以下「共済手帳」という)を申し込むときは、従前の事業所で既 に
      「共済手帳」を受けている場合がありますので、注意が必要です。
      なお、既に「共済手帳」を受けている場合には、
      引き続き「共済手帳」を使用することができますので
      「共済手帳申込書」の提出は不要です。

    • 中退法に基づく中小企業退職金共済制度及び
      建設業・林業退職金共済制度との従事者の重複加入はできません。
共済契約・共済手帳申込書の様式及び記入例はこちらから。
共済契約申込書(PDF) ・記入要領
・様式
・記入例
共済手帳申込書(PDF) ・様式
・記入例


加入するには 加入したら 掛金を納める 退職金を受取る

加入したらどうするの?

共済契約
中小企業(常時雇用する従業員が300人以下又は資本金が3億円以下の企業)の事業主には「紫色の共済契約者証」、大手企業(常時雇用する従業員が300人を超え、かつ、資本金が3億円を超える企業)の事業主の方には「緑色の特別共済契約者証」が交付されます。

「共済契約者証」は、「共済証紙」を購入するときに必要なカードです。

この共済契約者証は1契約者につき1枚ではなく、事業主から支店、出張所などの各事業所において「共済証紙」を購入するなど、請求があれば、必要枚数を何枚でも交付します。
「紫色の共済契約者証」 「緑色の特別共済契約者証」
紫色の契約者証 緑色の特別契約者証
共済契約が結ばれたときは、新たに被共済者となった従事者に「清酒製造業退職金共済手帳(掛金助成用)」(以下「掛金助成手帳」という)が交付されます。
「掛金助成手帳」
  • 「共済手帳」(「掛金助成手帳」を含む)は従事者1人1冊づつ交付されます。
  • 「共済手帳」(「掛金助成手帳」を含む)は被共済者が事業所をやめたり、他の蔵元へ移ったりするときは、必ず被共済者本人にお渡しください。この手帳は全国どこでも通用します。

「共済手帳」(掛金助成手帳を含む)に
「共済証紙」を貼り終わったときはどうするの?

  1. 「掛金助成手帳」の証紙貼付欄に1日券120日分の「共済証紙」を貼り、掛金助成欄に60日分の消印をし終わったときは、「掛金助成共済手帳更新申出書」に必要事項を記入し、貼り終わった「掛金助成手帳」を添えて各都道府県にある清退共支部に提出して、新しい「共済手帳」の交付を受けてください。

  2. 「共済手帳」の証紙貼付欄に1年度分の「共済証紙」を貼り終わったときは、「共済手帳更新申出書」に必要事項を記入し、貼り終わった「共済手帳」を添えて各都道府県にある清退共支部に提出して、次年度の共済手帳の交付を受けてください。
2冊目以降の「共済手帳」

更新申出書の見本及び記入例のダウンロード

掛金助成共済手帳更新申出書(PDF) ・様式
・記入例
共済手帳更新申出書(PDF) ・様式
・記入例



加入するには 加入したら 掛金を納める 退職金を受取る

掛金を納めるにはどうするの?

共済契約を結んだ事業主は、もよりの指定金融機関で「共済契約者証」を提示して「共済証紙」を購入し、働いた日数に応じて、従事者の「共済手帳」に貼付し、消印することにより掛金を納めたことになります。

共済証紙の種類
「共済証紙」は、契約者証と同様に中小企業用には「紫色の共済証紙」、大手企業用には「緑色の共済証紙」の2種類ありますので、購入の際には「共済契約者証」と同色の証紙を購入してください。
なお、「共済手帳」に1日分ずつ貼付するための「1日券」と、10日分をまとめて貼付するための「10日券」をそれぞれ用意しておりますので、必要枚数を金融機関の窓口に申し出てください。
証紙代金は[紫色]・[緑色]それぞれ1枚につき、「1日券」300円、「10日券」3,000円で販売しております。
『紫色証紙』 『緑色証紙』
1日券(300円) 10日券(3,000円) 1日券(300円) 10日券(3,000円)
1日券
(300円)
10日券
(3,000円)
1日券
(300円)
10日券
(3,000円)

<共済証紙取扱金融機関>
三井住友銀行 埼玉りそな銀行 三菱東京UFJ銀行 青森銀行 秋田銀行
山形銀行 岩手銀行 七十七銀行 東邦銀行 群馬銀行
足利銀行 常陽銀行 千葉銀行 横浜銀行 第四銀行
北越銀行 山梨中央銀行 八十二銀行 北陸銀行 北国銀行
福井銀行 静岡銀行 十六銀行 百五銀行 滋賀銀行
京都銀行 南都銀行 紀陽銀行 山陰合同銀行 中国銀行
広島銀行 山口銀行 阿波銀行 百十四銀行 伊予銀行
四国銀行 福岡銀行 佐賀銀行 十八銀行 親和銀行
肥後銀行 大分銀行 宮崎銀行 鹿児島銀行 沖縄銀行
北洋銀行 みなと銀行      

加入するには 加入したら 掛金を納める 退職金を受取る
 
アクロバットリーダーのダウンロード
ご覧になるにはAdobeReaderが必要です。